株式会社須長製作所

社員の声

工事管理部
社員の声
仕事の流れ

取引先への営業から施工管理まで、受注から納品までを総括的におこなう要となる部署。
具体的には見積作成、受注後はCADを活用しての図面作成、ダクトの部材発注、
施工状況・人員配置の管理といったトータル管理をおこないます。

1つ1つの現場を大事にする。それが次につながります。

入社した当時は現場の施工管理を任され“自分が管理しないとならない”という思いが先走り過ぎて現場の職人さんと感情がぶつかって悔しい思いをしました。しかし、心を開いて相対すると上手く理解し合えるようになって人間関係が円滑にいくようになってきました。それに気付くまで2,3年かかりました。そして10年経ってから、ようやく自分で仕事を取れるようになってきました。

私は図面を描いたり、現場の人員配置や営業などをやっています。そうしたなかで、工程変更などで急きょ増員しないとならないといった苦労の多かった現場はとくに、終わったときに感謝されると嬉しいですね。「虎の門ヒルズ」のような大きな現場だとダクトだけでも複数の会社が関わるんです。その竣工時に「須長(製作所)さんのところが一番仕事がきれいだ」と言われたのは嬉しかったですね。ダクトは目に見えなくなる部分ですが、後で工事のアラが見つかるとせっかく培った信用を失ってしまいます。1つ1つの現場を大切にすることで次の仕事につながる。弊社は何よりも社員の団結力が強い。それが現場での強みになって良い仕事を生み出していると思います。

工事管理部・部長/H7年入社・電気通信大学 卒業 木村茂 きむらしげる

“仕事は楽しく”がモットーです

若い社員が多いうえに若手が集まる機会が多いので、社員同士話しやすくて楽しい環境です。私は製造部、工事部、そして現在の工事管理部と3つの部署を経験しているので他部署で覚えたことを今の仕事に繋げられるのが強みですが、まだまだこれから覚えることはたくさんあります。今は工事面での管理をしていますが、今後は営業も覚えていきたいと思っています。後輩に対しては、危険を伴うことや1つのミスが大きく納期の遅延につながるようなときは厳しく言いますが、それ以外は指導するときも楽しく。仕事は楽しくやっています。

工事管理部/H15年入社・蔵前工業高校 卒業 平昌弘 たいらまさひろ

資格が取りやすく、技術が磨け、知識が広がります

モノを作ることが好きだったことと、会社見学のときの雰囲気の良さに惹かれ入社しました。希望すれば色々な技能資格の試験を受けさせてもらえるのですが、そのための勉強会を会社で開催してくれ、全然分からなかったこともていねいに指導してもらえ、合格まで導いてくれます。資格を取ると自分の技術が格段に向上するし、給与にも反映されます。工事管理部では覚えることがたくさんあるので、知識が広がって楽しいですね。そのうえ、仕事以外のことでも相談できる先輩がいるので居心地も良いです。

工事管理部/H20年入社・蔵前工業高校 卒業 小谷政博 こたにまさひろ

PAGE TOP